教育進学総研TOP>「日東駒専」「大東亜帝国」って何?
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
大学

今どき
進学情報

「日東駒専」「大東亜帝国」って何?


の画像

グループの呼び名はほかにもある
大学受験で使われる用語については以前、紹介したが、これはその続編となる。MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)や関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)と同じような、入試の難易度が近い大学を、ひとくくりにした呼び方である。
そのひとつが日東駒専(ニットウコマセン)だ。これは日本大、東洋大、駒澤大、専修大の各大学の頭の漢字を並べたもの。大東亜帝国(ダイトウアテイコク)も大東文化大、東海大、亜細亜大、帝京大、国士舘大の頭の漢字を並べた略称だ。
ひとくくりにすることにより、難易度帯が分かりやすくなり、併願校を選ぶときに便利なのだ。
ただ、この場合、日本大には医学部や薬学部があり他大学にはない。また、帝京大や東海大にも医学部が設置されており他大学にはなく、厳密な意味では学部によって難易度はひとくくりとはいえない。このような差はあるが、同じような文系や理工系などの学部に対して、難易度が似ているところから名付けられている。


使われ続けてきたからこそ残った用語
こういった言い方は高校の進路指導の場面だけでなく、中高などで主な進学先のレベルを言い浮キことにも使われるようになってきた。日東駒専に強い、大東亜帝国に合格者が多い高校などといういい方だ。高校の偏差値とは違った、合格実績で異なる評価をしている。
以前はこの他にもたくさんの呼び名があった。しかし、最終的に今、使われているのはごく限られたものだけになった。受験生や保護者あるいは高校、塾、予備校の教職員が使い続けてきたから残ってきたものだ。それだけに説得力があり、言いやすいことも息が長い理由ではないだろうか。

記事の関連学校


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー