教育進学総研TOP>学校を選ぶ
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
お父さんの中学受験奮闘記

今どき
進学情報

学校を選ぶ


志望校選びには幾つもの選択肢があります。最終的には本人の決断に任せましたが、親の視点から感じたことをご紹介します。


共学校と別学校

小学校時代の娘をみていると、男子とも一緒に遊ぶ結構活発な女子であり、あまり同性同士で群れない性格なので共学がいいかな、そのくらいの気持ちで私は共学を希望しました。子どもは変化・成長しますので数年経てば状況が変わりますが、そこは深く考えませんでした。選択理由で他の人から聞いた話では
・社会に出れば男女一緒なので共学がいい
・中学校1・2年は女子が強いので男が伸び伸びできる男子校がいい
・勉強に専念できるから別学がいい
・異性との交流が苦手なので別学がいい
などが主な理由ですが、子どもの性格を考慮した親の意見と本人の意向で話し合って決める、というのが無難でしょうか。参考になるのは別学を体験した親または知人の体験談ですね。私に別学の経験はありませんが、女子校出身の妻は「女子校がいいよ」とさかんに言っていました。今でも何かあると「だから女子校がよかったのに」となります・・・。


宗教系の学校

私自身はこだわりも信仰もありませんので、逆に宗教系の学校を反対する気もありませんでした。カトリック系中学校の先生が言っていましたが「六年間だけこのような世界を体験するのも貴重でいいではないですか」という言葉にも納得がいきますし、仏教系の学校で、校長先生から仏教の講和を聞いたり、坐禅の体験をしたりといった宗教教育も、現代の子供にとっては貴重な体験になるかもしれません。


学力伸長重視校

あまりに学習ばかりの学校は敬遠したい気持ちがありました。六年間は長いので、一度気が緩むと追いつけない気がします。勉強は学校本来の目的の一つですから悪いことではありませんが・・・。


部活動

うちは親子ともあまり関心がないので重視しませんでしたが、この点は人によっては大きな関心事ではないでしょうか。厳しく練習する部活、ゆったりと楽しむ部活、どちらを望んでいるのか。学力伸長重視校は、あまり部活動が盛んでないこともあるので、学校に聞いてみないとわからない部分があります。補講などに影響が出るから朝練習禁止という学校もあります。


通学時間

これが親として一番気になりました。遠距離通学で電車内の時間が有効に過ごせるとは思えませんでした。車内での読書や学習にも限度があります。逆に近距離なら趣味・家族との時間も含めて様々な活用法があります。娘は遠くても大丈夫と言っていましたが、何とか翻意させました。とあるデータを見ても私立学校の選択には通学時間や交通の便が上位になっています。もともと学校選択には大きな要素だったものが、先日の震災でさらに重要視されているようです。


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー