教育進学総研TOP>昆虫のハナシ
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
親子で学ぶ!中学受験【理科】

今どき
進学情報

昆虫のハナシ



昆虫の成長の違い
昆虫といえば色々いますよね。トンボ、カブトムシ、カマキリ、セミ・・・
実は、昆虫の育ち方は2種類に分けられるのです。
卵→幼虫→さなぎ→成虫と育つ昆虫と、卵→幼虫→成虫と育つ昆虫です。
要は、『さなぎ』の時期が有るか無いかの違いですね。
前者を『完全変態』、後者を『不完全変態』と言います。

完全変態:卵→幼虫→さなぎ→成虫
不完全変態:卵→幼虫→成虫
です。では、完全変態と不完全変態の昆虫の代表をゴロ合わせで覚えましょう!

完全変態・・・


不完全変態・・・


カマキリはメスの方がオスより大きいんです。で、カマキリというのは、交尾が終わった瞬間、メスがオスを食べちゃうんですよ!なんと恐ろしい・・・
でも仕方が無いことなんです。メスは卵を産むためには、相当な栄養が必要になりますから。栄養確保のために、オスを食べるんですね。オスも、『子供のためなら!』と喜んで!?メスに食べられるわけです。
人間も昆虫も、子供に対する愛情というのはスゴイもんですよね。
ちなみに、交尾が終わった直後に逃げるオスのカマキリもいるんですよ☆オスの立場からすると、それもいた仕方ないかと・・・・

正解が無い。それが自然界であり、人生であり。。。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー