教育進学総研TOP>就職に力を入れている大学ランキング2012
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
ランキング

今どき
進学情報

就職に力を入れている大学ランキング2012


の画像

就職サポートの評価が高い明治大、立命館大


今週は進路指導教諭の勧める「就職に力を入れている大学」ランキングをまとめた。トップは明治大で2位以下に大差を付けている。地域別に見ても北海道・東北、関東・甲信越でトップだ。2位は立命館大で、こちらも近畿でトップだ。2校とも就職実績が高く、有名企業への就職者が多い。就職に関して、サポート体制が整っていることで知られている。

地域別で北陸・東海でトップとなり、全国では5位に入ったのが福井大だ。最近、就職率の高さで注目を集めている。2年前に福井大の名前を挙げる進路指導教諭はゼロで、昨年は10位に初登場と急上昇している。実際、本誌と大学通信の就職率調査で就職率が95.8%に達し、卒業生1000人以上の大学で全国第1位になっている。同大は教育地域科学、医、工の3学部があり、いずれも出口がはっきり見える学部だ。就職してからも、全国的に見ると3年以内の離職率は35%に達し、ミスマッチが問題になっているが、福井大ではこれが8%にとどまり、就職後も踏まえた支援を行なっている。


地方は国公立大の評価が高い
中国・四国、九州・沖縄では九州工業大がトップに立ち、全体でも6位に入っている。「きめ細かい指導で就職にも強い」(福岡・私立高)、「厳しいが学生をよく育てる」(福岡・県立高)など、高く評価する意見は多い。

地方の国公立大の評価が高いのは、地元企業を含め、採用側のニーズをきちんと受け止めて独自の支援をしているということだろう。数字に表れた実績を残しているということは、学生をきちんと育て、危機感を持って就職支援に取り組んでいることの証左ともいえるだろう。

用語説明


記事の関連学校


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー