教育進学総研TOP>未来は「私立」にある〜公立中高一貫校人気の逆説的考察〜
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
私立中高ベテラン教師のつぶやき

今どき
進学情報

未来は「私立」にある〜公立中高一貫校人気の逆説的考察〜


近年、都内の公立中高一貫校の人気はうなぎ登りらしい。授業料はただ同然で、カリキュラムは私立の良いとこ取り。おまけに進学実績も上々ならば、人気が出るのは当然である。私立の関係者は戦々恐々としているようだ。しかし、私はこれで「公立」の敗北は決定し、未来は「私立」のものだと確信した。


少数の為政者の恣意で決められている公教育
そもそも、なぜ都内に公立中高一貫校が誕生したのだろうか。その昔、受験競争の弊害を正すという東京都の「学校群制度」により優秀な生徒たちが私立に流れた結果、名門公立高校が没落し、「学校群制度」廃止後も公立高校の低迷が続いたためである。また、数年前、これも詰め込み教育の弊害を正すという文科省の「ゆとり教育」により優秀な生徒たちが私立に流れた結果、公立中学が立ち行かなくなったためである。
現在、わが国に東大を頂点とする大学序列が厳然とある限り、中高の受験競争や詰め込み教育はなくならない。欧米のように、特定の大学を頂点とするような大学序列がなく、高校生に課すのは大学入学資格試験のみという状況にならない限り、中高の教育に大学受験のしわ寄せは来る。もし「学校群制度」や「ゆとり教育」の推進者たちが、この現実に頬被りをきめこんで、中高の受験競争や詰め込み教育の弊害を叫んでいたとするならば、かれらはとんでもない偽善者である。

ここに日本の教育の問題点がある。日本では教育を決めるのは、一部の官僚・文教族・御用学者であり、現場の教員・子ども・保護者ではない。「学校群制度」も当時の一教育長の発案であり、「ゆとり教育」も臨教審を起点として文科省や中教審で進められたのである。これらの「教育改革」は一見、公的体裁を整えているが、その正体は少数の人間たちの恣意にすぎない。現場の教員・子ども・保護者の声など少しも反映していない。自分達の手前勝手な理想や利害だけである。このような民意を無視した上からの恣意的な「教育改革」は必ず破綻する。それは教育現場に無用な混乱をもたらし、結局、子どもと保護者を最大の被害者にするだけである。


民意に従う私学
「私立」はいつも民意に従ってきた。現場の子どもや保護者の要望に応えてきた。「学校群制度」以前、公立有名校がわが世の春を謳歌していた時代、公立にはじかれた子どもを受け入れたのは「私立」だった。そして、「学校群制度」や「ゆとり教育」以後は反対に、公立に嫌気のさした子どもを受け入れたのも「私立」だった。私立は、いずれの子どもの受け皿になった時も、「希望する大学に合格したい」という子どもたちや保護者の切実な要望に答えて、様々な工夫を凝らしてきた。それが、中高一貫という学校形態であり、特進コースであり、補習や講習だったのである。


私立のチャンスは訪れる
今、公立中高一貫校は人気上昇中である。しかし、その人気の理由は、公立が私立の真似をしたことにある。これは「私立」の勝利なのである。公立は本質的に敗北したのである。公立は授業料の点で優位に立っているにすぎないのである。もちろん、ここしばらく私立は苦境に立たされるかもしれない。しかし、それもしばらくの辛抱だ。私は楽観している。この国の教育が一部の官僚・文教族・御用学者の手前勝手な理想や利害で動かされている限り、「学校群制度」や「ゆとり教育」のような見当外れの「教育改革」は必ず繰り返される。「ゆとり教育」の時は居丈高に日本中の学校を脅し回ったくせに、世論の批判を受けるやたちまち180度豹変する。その上、反省と謝罪の弁は一言もない。今後もまた、一転してどんな馬鹿げた「教育改革」を始めるか、わからないのである。ただ、断言できるのは、「公立」は公立である限り、そのどんな馬鹿げた「教育改革」であろうとも、上からの命令に逆らうことはできないということだ。その時こそ再び私立のチャンスである。どんな事態になろうとも、<常に現場の子どもや保護者の要望に耳を傾け、それに対して真剣に応えること>、これさえしっかり守っていれば、未来はいつも「私立」にあるのだ。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー