教育進学総研TOP>地域貢献に積極的だと思われる大学ランキング2012
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
ランキング

今どき
進学情報

地域貢献に積極的だと思われる大学ランキング2012



大学の「第3の使命」として社会貢献が注目されている


社会人を対象に「地域貢献に積極的だと思われる大学」の調査を行った。ランキングは研究・教育力に定評がある大学が大半で、旧帝大(東京大、京都大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大)と、私立の早稲田大、慶應義塾大、明治大の3大学がトップ10となっている。

大学は教育と研究を本来の使命としていたが、2007年の学校教育法の改正以降、「第3の使命」として社会貢献も求められるようになった。そのため、多くの大学が教育と研究の成果を地域に還元する機能の強化に力を入れている。地元地域への貢献だけではなく、東日本大震災の復興支援に力を入れている大学も多い。

文科省は地域再生・活性化の核となる大学を支援するために、「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」を行う。大学が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学を支援する事業だ。

大学は多くの分野で社会貢献を求められており、そうした活動がクローズアップされると、学生の募集状況にプラスの影響を与える可能性がある。今後は教育や学問だけでなく、社会貢献も間接的に大学を選ぶ指標になるかもしれない。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー