教育進学総研TOP>みんなの声「子どもに就職してほしい職業は?」
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
大学

今どき
進学情報

みんなの声「子どもに就職してほしい職業は?」



1位が公務員、2位が医師、3位が大企業の順
不況が続き、高校生、大学生の就職は氷河期と言われるほど冷え込んでいる。高校生については昨年、大学・短大への進学率は過去最高の56.8%、専門学校を含めた進学率はほぼ8割に達する。高校を卒業しての就職が厳しいことも影響していると見られる。その厳しい就職戦線だが、子どもに就職してほしい職業は何なのか。
ドコモiMenuの人気コンテンツ「みんなの声」で、「子どもに就職してほしい職業は?」というテーマで投票が実施された。その結果を見てみよう。

[結果]「子どもに就職してほしい職業は?」(iMenu「みんなの声」調べ)

トップは「公務員」で46.7%、2位が「医師」21.2%、3位が「大企業」17.2%だった。上位の三つで8割を超えている。以下、「起業」6.3%、「弁護士」5.1%、「ベンチャー企業」3.5%の順だった。
公務員が圧倒的に強く全都道府県、全年代でトップだった。6割を超えたのは秋田67.1%、青森63.0%、福井60.3%だった。



高知が医師、起業で全国トップ
不況で大企業でさえも倒産する時代、学生の就職希望では安定志向が強いが、親も同じ理由から公務員が人気なのだろう。
その他では医師の人気が高いのが高知で32.3%、次いで愛媛で29.5%、石川28.1%と続いた。


一方、医師より大企業の支持が強い県もある。静岡は大企業25.3%に対し、医師が20.9%だ。富山も大企業23.8%で、医師は15.5%と低い。


注目したいのが高知。医師がトップだったが、起業が9.7%で全国1位、弁護士は6.5%で全国4位と高い順位だ。いずれも自らが先頭になって引っ張っていく職業の人気が高く、安定志向の職業は低い率にとどまっている。高知は独立精神にあふれ、土佐の坂本龍馬の精神を今に受け継ぎ、子どもにも期待しているといえそうだ。



用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー