学校の先生に聞いてみました

今どき
進学情報

中学受験に英語?


入試に「英語」を取り入れる私立中学校が出てきました。昨今は公立小学校で、本格的な英語学習開始の議論が行われています。こんな時期の導入では、英語能力に長けた小学生のためにある入試と思ってしまいそうで、幼児期から英語を学ばせないと不利なのかと不安に駆られるかもしれません。帰国生入試は正に英語堪能な生徒確保の面もありますが、最近増えている英語入試はそうではない事情もあります。


多彩な中学入試になりました
今年は新しい形の中学入試が数多く始まりました。算数の要素と理科の要素を掛け合わせたような複合型問題、深い洞察力を試す総合問題、日本語での説明能力を試す問題、「自己アピール入試」というものも登場しました。こうした入試の中には高度な学力を要求してくるものもある一方、基礎学力があれば対応可能なものもあります。

このような多様な入試の中で、小学生時代に何をしてきたか、特に「習い事」をしてきたことで何を身につけたかを問う入試もあります。この「習い事」のうちの一つである英語教室に着目して英語入試を導入という学校が複数ありました。この場合は海外体験があって英語堪能といった子だけを対象としているわけではありません。今回はこちらの話を中心に紹介します。


習い事重視の入試
中学校の先生にうかがうと、中学受験の学習塾には通っていないが英語塾には通っている小学生も結構存在するそうです。またいわゆる補習塾でも、英検挑戦を課すことで目標に向かって学習する姿勢を育てるという例もあります。

ではなぜそのよう子を集めたいのか。色々な見解がありましたが、一つには長期間習い事を継続している子は、基本的な学習習慣がしっかりしているということです。このような子たちはいわゆる受験勉強を経ていなくても、入学後しっかり学習していけばぐんぐん伸びていくということです。このような子を「伸びしろがある子」と言い、逆に受験勉強で疲弊してしまった子は、「伸びきってしまった子」とも言っています。表現が少々気になる言葉ですが、中学受験はゴールではなくむしろスタートですからわかる気もします。

習い事をしている家庭は教育に関心が高い、といったことも挙げられました。教育にお金をかける家庭だから私学向きという先生もいて、そのような理由で昔はピアノやバレエ教室に通う生徒に着目したとの話も聞きました。


教育現場の先生はどう思う
新しいタイプの入試を導入したとしても、従来の2・4教科型入試の定員の方が大多数です。その結果、新一年生は「新タイプの入試で入ってきた、特徴のある子」と、「それ以外の大多数の子」が混在することになります。特徴のある子をどのように伸ばしていくか、またはそのための体制をどのように整えているかは、学校によって差があります。例えば英語入試で相当力のある生徒が入学してきたとしても、学校側にその生徒を伸ばす術がないことも考えられます。ある先生の言葉です。

「英検4級クラスを対象基準としていても、2級クラスの子が入学することも想定しなければなりません。その場合、その子を退屈させずに授業が成立するのか、非効率的だがその子のための特別授業で対応するのか、そもそも現在の教師で対応可能か、そこまで考えないと英語入試には踏み切れません」

他の学校でも英語堪能な生徒が入学した例がありましたが、あらかじめ特別授業は実施できないと伝えた上での入学だったそうです。英語が得意でこの入試を受ける場合は注意する必要がありますね。

少々本題からはずれますが、公立小学校が英語を教えることについて、「中途半端に教えたり、進度がバラバラだったりしたらこっち(中学校)が迷惑します。入学前から英語嫌いの子がくるようになっても本当に困ります」とこぼしていました。これも複数の先生から聞いた話です。当面は小学校での英語授業は手探り状態ですから、確かに心配な話です。


新しい教育観
英語入試を含めて中学校が新しい入試制度を模索している理由は、日本の教育が単純な暗記方式から脱却しようとしており、その流れに沿ったものと言われています。大学新テストやアクティブラーニング、グローバル化推進などもこのためで、旧来の受験科目以外で子供たちの特性・長所を見抜くことを目的にしています。このためかどうか保護者も従来の学習以外にどのような学びがあるのかを、学校に尋ねるような視点も目立ってきたそうです。

たださらにもう一つ、単純に「従来の受験制度では中学受験生がもういない」ことも大きな理由です。少子化で中学受験の対象となる子どもの人口が減る一方で、新しい教育観を持つ保護者が増えています。新たな価値観を入試に反映して市場を開拓していかないと、従来の入試を行っているだけではジリ貧になってしまうのは当然の帰結かもしれません。

英語試験をはじめとした入試の多様化は、現在の社会情勢を如実に反映していると言ってもいいでしょう。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…