中学

今どき
進学情報

17年入試は付属校が人気 入試に向けて、体調管理を



人気が続く大学付属校
中学入試では付属校を志望する家庭が増えています。特に、明治大付明治や成蹊、中央大付などは女子に人気があります。学習院女子は入試を2回実施していますが、どちらも志望者が増加しています。実際に学校訪問をすると、施設や設備が充実していますし、伝統校の良さが感じられる学校です。他にも、立教女学院や日本女子大付なども人気が回復してきています。17年、教科センター型の新校舎が誕生する青山学院は男女ともに志願者を集めそうです。

また、早稲田大の付属校では志望者が分散しています。16年春の大学合格実績が良かった早稲田中の人気が過去最高となり、その分、早稲田大高等学院が少し入りやすくなりそうですが、第一志望者が多いため、油断は禁物です。

17年春、豊洲新校地(東京都江東区)に移転する芝浦工業大付も志望者を多く集めています。また、日本大の付属校は引き続き人気になりそうです。特に、日本大中は他大学進学を視野に入れたコースを設置し、人気が集中しています。


入試に向けてのアドバイス
志望校を決めるとき、偏差値だけで学校を選ぶのではなく、実際に自分の目で学校を見て決めてください。また、入試までに学力が上がる可能性はまだ十分にありますし、志望校を変えることはモチベーションの低下につながります。第一志望校は譲らないようにして、その分、受かる可能性が高く、通わせてもいいと思う併願校を選択しましょう。また、子どもは自分のペースを一定に保つことが大切です。毎日決まった時間に起き、決まった時間に寝る、規則正しい生活を心がけてください。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…