ランキング

今どき
進学情報

東大に強い高校ランキング2017


の画像
大学合格者数を高校別に集計し、各大学に強い高校を分析した。国立大編の第1回は「東大に強い高校ランキング」をお届けする。

東大に強い高校ランキング

順位 設置 学校名 所在地 人数 
◎ 開成 東京 160 
◎ 灘 兵庫 94 
◎ 渋谷教育学園幕張 千葉 78 
 ◎ 麻布 東京 78 
◎ 聖光学院 神奈川 69 
◎ 桜蔭 東京 63 
◎ 栄光学園 神奈川 62 
◎ 駒場東邦 東京 52 
◎ 海城 東京 49 
10 ※ 東京学芸大附 東京 46 
11  日比谷 東京 45 
12 ◎ ラ・サール 鹿児島 40 
13 ◎ 甲陽学院 兵庫 39 
14 ※ 筑波大附 東京 37 
  旭丘 愛知 37 
16 ◎ 女子学院 東京 36 
17 ◎ 西大和学園 奈良 35 
18  横浜翠嵐 神奈川 34 
19  浦和・県立 埼玉 32 
 ◎ 武蔵 東京 32 
 ◎ 浅野 神奈川 32 
※は国立、◎は私立、無印は公立を表す



開成が36年連続の1位
東大は昨年から推薦入試の導入に伴って後期が廃止されており、実質的に前期一発勝負。ランキングは3月16日夕現在判明分のものだ。160人の開成が36年連続のトップに立っている。前年より10人減となったが、現時点では唯一の3桁で、依然として2位以下に大差をつけている。

2位は94人の灘だ。最難関の理科3類に最多となる18人の合格者を出している。3位は渋谷教育学園幕張と麻布が78人で並ぶ。以下、5位は聖光学院(69人)、6位は桜蔭(63人)、7位は栄光学園(62人)、8位は駒場東邦(52人)、9位は海城(49人)、10位は東京学芸大附(46人)の順だ。なお、昨年102人で2位だった筑波大学附駒場は集計時点で合格者数が未回答となっている。


中高一貫校が有利。公立校も躍進
1位から10位までは全て中高一貫校が占めた。東大など最難関大に合格するためには、6年間かけて入試に向けた準備ができる中高一貫校が有利なことは間違いないようだ。

公立高では昨年に引き続き日比谷(45人)がトップ。全体では11位だ。他には旭丘(37人)、横浜翠嵐(34人)、浦和・県立(32人)がランクイン。日比谷を除く3校はそれぞれ昨年から10人以上合格者を増やしているなど、公立校の躍進も目立っている。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…