ランキング

今どき
進学情報

早稲田大に強い高校ランキング2017


の画像
大学合格者数を高校別に集計し、各大学に強い高校を分析した。私大編の第6回は「早稲田大に強い高校ランキング」をお届けする。

早稲田大に強い高校ランキング

順位 設置 学校名 所在地 人数 
◎ 開成 東京 197 
◎ 渋谷教育学園幕張 千葉 186 
 横浜翠嵐 神奈川 160 
◎ 桜蔭 東京 159 
 浦和・県立 埼玉 157 
 ◎ 栄東 埼玉 157 
◎ 麻布 東京 151 
◎ 海城 東京 149 
◎ 市川 千葉 142 
10 ※ 東京学芸大附 東京 135 
11 ◎ 聖光学院 神奈川 134 
12  西 東京 133 
13 ◎ 城北 東京 132 
 ◎ 女子学院 東京 132 
15  日比谷 東京 131 
16  千葉・県立 千葉 130 
17  湘南 神奈川 127 
18 ◎ 芝 東京 123 
19  東葛飾 千葉 117 
20 ◎ 攻玉社 東京 115 
※は国立、◎は私立、無印は公立を表す



開成が10年連続トップを達成するか
早稲田大は一般とセンター方式の正規合格者を発表した。繰り上げによる合格者は未集計だが、集計時点でのランキングは開成が197人で1位となった。開成は昨年まで9年連続でトップを継続しており、このまま10年連続となる可能性が高い。

2位は昨年と同じく渋谷教育学園幕張(186人)、3位は公立トップで昨年の20位から大きく順位を上げた横浜翠嵐(160人)だ。以下、4位は桜蔭(159人)、5位は浦和・県立と栄東(157人)、7位は麻布(151人)、8位は海城(149人)、9位は市川(142人)、10位は東京学芸大附(135人)の順だ。


入学定員管理の厳格化の影響で全体的に合格者を減らす
昨年の同時期のランキングと比較すると、1位の開成は283人から197人に、2位の渋谷教育学園幕張は212人から186人に合格者を減らしているなど、ランキング上位の高校でも合格者の減少が目立っている。これは入学定員管理の厳格化の影響で、総合格者数が昨年の1万7541人から1万5840人へと大幅に減少していることが原因だ。受験生にとっては厳しい入試となっている。そんな中、3位の横浜翠嵐は昨年の135人から160人に合格者を増やしており、躍進が目立っている。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…