ランキング

今どき
進学情報

この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキング2017(東海編)


10年前と比べて、大学合格実績を伸ばした学校を分析した。第7回は「この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキング(東海編)」を届けする。

2007年と17年を比べ、早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大)、MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)、同志社大、立命館大、関西大、近畿大、南山大、西南学院大の15大学の合格者が伸びた学校を地域別にランキングした。なお、関西学院大の17年は実合格者数のみの公表であり、延べ合格者数だった07年と比較できないため除いた。

この10年で難関私立大合格者が伸びた高校ランキング(東海)

順位   増加数 難関15私大計 
  浜松市立(静岡) 247 279(32) 
◎ 愛知(愛知) 203 392(189) 
  名古屋南(愛知) 185 241(56) 
  旭野(愛知) 157 344(187) 
◎ 南山(愛知) 155 556(401) 
◎ 名古屋(愛知) 154 476(322) 
  岐阜(岐阜) 137 668(531) 
  瑞陵(愛知) 122 425(303) 
  一宮(愛知) 114 420(306) 
10   津島(愛知) 108 172(64) 
難関15私大は早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、同志社大、立命館大、関西大、近畿大、南山大、西南学院大
関西学院大は07年と比較できるデータがないため含まない
◎印は私立、無印は公立を表す



浜松市立がトップ
東海のトップは浜松市立の247人増だ。以下、愛知(203人増)、名古屋南(185人増)、旭野(157人増)、南山(155人増)の順となった。

上位の学校の合格者増加数の内訳をみると、浜松市立は早慶上理計で31人増、MARCH計で74人増、同・立・関(同志社大・立命館大・関西大)計で88人増、南山大は32人増。2位の愛知はMARCH計で31人増、同・立・関計で74人増、南山大で49人増だ。この2校は関東、近畿、東海といった各地の難関私立大合格者を増やしていることが分かる。一方、4位の旭野は地元の南山大に強く、南山大だけで131人増だ。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…