▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
お父さんの中学受験奮闘記

今どき
進学情報

受験で得たもの、なくしたもの


■挫折の体験

「すべての受験で最も第一志望が叶いにくいのが中学受験」という話を聞きました。模試の成績を見て第一志望を変更した場合も加えると、かなりの人が12歳で挫折を味わうことになります。
一方、公立中学校へは無試験で進学し、公立高校も学校によっては低倍率の上に比較的入学しやすい入試方式の道があり、さらに大学も推薦入試などを利用して進学するとなると、ほとんど「勝負」する機会がないまま社会に出ることになります。
しかし就職活動にこのような平易な道はほとんどありませんので、ここで初めて壁に当たってしまいます。不合格が続き、大きなショックで正社員への道を投げ出すこともあるかもしれません。
挫折を味わうことが受験の目的ではないですし、部活動など、受験以外にも挫折体験はいくらでもあるでしょうが、社会に出る時に初めて壁に当たるというのは、本人へのリスクが大きくないでしょうか。この点では中学受験で挫折を体験することも、悪いことではないとも思います。

■遊びの時間

これはどちらかというと親の立場からの話です。
現代の子どもは放課後も忙しいようですが、私が小学生の時は学校から帰ってから仲間と遊ばない日などありませんでした。一分の無駄もなく終始遊んでばかり、休みの日も同様です。得るものが多々あった大変楽しく有意義な時間でした。
ところが学習塾に通うとこの時間がほとんどありません。うちの子が学習塾へ通っている傍ら、同級生の子どもたちが近所で遊んでいるのを見ると何ともやりきれない気持ちでした。
また小学4年生なら親とでもまだ無邪気に遊ぶ年齢でもあり、その時間が早々になくなったことは私の方が結構辛く感じました。これから中学受験に臨む家庭は、受験対策ばかりではなく、この点も少し気にされてはいかがでしょうか。
あるいは小学校低学年のうちに子どもと目一杯遊んでおくかです。受験が終わった頃のお子さんは、既に親と無邪気に遊ぶ年齢ではなくなっていることが多いですよ。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー