ランキング

今どき
進学情報

入学後、生徒を伸ばしてくれる大学ランキング2017


の画像
志望校選びの際に参考にしたいのがエキスパートの意見だ。全国の進学校2000校に、進路指導教諭おすすめの大学についてアンケートを行った。各項目5校連記で大学を記入してもらい、最初の大学を5ポイント、次の大学を4ポイント…として集計しランキングを作成した。第8回は、入学後、生徒を伸ばしてくれる大学ランキングだ。

入学後、生徒を伸ばしてくれる大学

順位 設置 大学名 所在地 ポイント 
※ 東北大 宮城 242 
※ 東京大 東京 211 
◎ 東京理科大 東京 159 
◎ 金沢工業大 石川 136 
 国際教養大 秋田 110 
※ 京都大 京都 97 
◎ 国際基督教大 東京 81 
◎ 産業能率大 東京 58 
※ 大阪大 大阪 57 
10 ◎ 早稲田大 東京 55 
11 ※ 北海道大 北海道 53 
12 ※ 東京工業大 東京 49 
13 ◎ 神田外語大 千葉 48 
14 ◎ 慶應義塾大 東京 44 
15 ※ 名古屋大 愛知 40 
16 ◎ 明治大 東京 39 
17 ◎ 武蔵大 東京 38 
18 ◎ 日本大 東京 35 
19 ※ 九州大 福岡 34 
20 ※ 筑波大 茨城 31 
※は国立、◎は私立、無印は公立を表す。



東北大がトップ
東北大が242ポイントでトップに立った。以下、2位は東大(211ポイント)、3位は東京理科大(159ポイント)、4位は金沢工業大(136ポイント)と続く。私立大トップの東京理科大は第2回で紹介した「教育力が高い大学」で総合4位、私立大ではトップだった。


できるまでやらせる方針で学生を伸ばす東京理科大
東京理科大の進路指導教諭の評価を見ると、「進級が厳しいがサポートもしっかりしている」(茨城・私立高)、「学内では勉強が本当に大変そうで鍛えられている」(東京・私立高)などが挙げられた。

東京理科大は基礎、基本を大事にし、1年次にしっかり勉強しないと2年次に進級できない仕組みになっている。1年次は演習の授業が多く、レポートの量も多い。できるまでやらせる方針で、学生は自主的に学んでいる。サポートも充実しており、大学院生や高学年の学生に相談できるシステムがある。こういった教育が就職の良さにもつながっており、東京理科大の実就職率〈就職者数÷(卒業者数-大学院進学者数)×100で算出〉は卒業生3000人以上の大規模大学で3年連続トップだ。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…