大学

今どき
進学情報

京大特色入試の結果



合格者は100人超
東大の推薦入試導入と同じく、京大は2016年度入試(同年春入学)で推薦やAOなどで選抜する特色入試を始めた。推薦枠の縛りがない上、総合人間や農など学校長の推薦がいらない学力型AOで募集する学部(学科)が多いこともあり、135人の募集に対して志願者は547人。今回は全学部(学科)が導入したことも影響し、前年の志願者を173人上回った。東大同様に定員割れだが、合格者は100人を超えた(いずれも法学部後期を除いた集計)。安全志向から一般入試では大阪大を考える受験生が、京大の特色入試なら出願できることも人気の一因だろう。


京大が評価する意欲とは
京大の特色入試への力を入れようは、初年度から告知ポスターに山極壽一総長自ら登場していることが象徴する。今回のポスターでは総長が「今年も意欲買います!」と受験生に語りかけた。では、実際にどのような"意欲"が評価されるのか。ある合格者は、ドイツのインターナショナルスクール留学で、さまざまな国の高校生と過ごすことで広がった見聞を教育学に生かしたいと考える受験生だった。そうした意欲の高さを伝えられたことが合格につながったようだ。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…