ランキング

今どき
進学情報

この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキング(中国・四国編)


10年前と比べて、大学合格実績を伸ばした学校を分析した。第8回は「この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキング(中国・四国編)」をお届けする。

2008年と18年を比べ、早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大)、MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)、同志社大、立命館大、関西大、近畿大、南山大、西南学院大の15大学の合格者が伸びた学校を地域別にランキングした。なお、関西学院大の18年は実合格者数のみの公表であり、延べ合格者数だった08年と比較できないため除いた。

この10年で難関私立大合格者が伸びた高校ランキング(中国・四国)

順位  学校(所在地) 増加数 難関15私大計 
  倉敷青陵(岡山) 96 200(104) 
  福山(広島) 78 82(4) 
◎ 岡山白陵(岡山) 70 173(103) 
◎ 明誠学院(岡山) 62 70(8) 
   広島国泰寺(広島) 62 195(133) 
   安古市(広島) 62 171(109) 
  呉三津田(広島) 60 183(123) 
  広島井口(広島) 59 113(54) 
◎ 就実(岡山) 51 54(3) 
10   富岡東(徳島) 47 74(27) 
11   倉敷南(岡山) 44 112(68) 
 ◎ 岡山学芸館(岡山) 44 95(51) 
13 ◎ 修道(広島) 43 344(301) 
14 ◎ AICJ(広島) 41 41(0) 
15 ◎ 山口県桜ケ丘(山口) 40 45(5) 
   坂出(香川) 40 103(63) 
17 ◎ 済美平成中教(愛媛) 39 128(89) 
18   倉敷天城(岡山) 38 92(54) 
19   出雲(島根) 37 98(61) 
20   広島皆実(広島) 34 53(19) 
◎印は私立、無印は公立を表す
( )内は08年の実績



倉敷青陵がトップ
中国・四国のトップは倉敷青陵の96人増だ。以下、福山(78人増)、岡山白陵(70人増)、明誠学院、広島国泰寺、安古市(62人増)の順となった。

このランキングの特徴は、立命館大の合格者数を伸ばしている高校が多いことだ。上位校の立命館大の増加数を見ると、倉敷青陵は29人増、福山は24人増、岡山白陵は18人増となっている。一方、11位の岡山学芸館は44人増のうちの8割近い35人がMARCHの増加分となっており、比較的首都圏に目を向けていることが分かる。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…