ランキング

今どき
進学情報

難関10国立大現役進学率ランキング(東日本編)


全国の進学校における国公立大の現役進学者数を調査し、進学実績が高い高校をピックアップした。第1回は「難関10国立大現役進学率ランキング(東日本編)」をお届けする。

難関10国立大「現役」進学率ランキング(東日本編)

(東大、京大、北大、東北大、名大、阪大、九大、東工大、一橋大、神戸大)
順位  高校 所在地 卒業生数 進学者数 進学率(%) 
1  ※ 筑波大付駒場 東京 162  82  50.6 
2  ◎ 栄光学園 神奈川 173  66  38.2 
3   札幌北 北海道 316  116  36.7 
4   札幌南 北海道 319  110  34.5 
5  ◎ 聖光学院 神奈川 231  79  34.2 
6  ◎ 開成 東京 398  132  33.2 
7  ◎ 桜蔭 東京 231  74  32.0 
8  ◎ 麻布 東京 304  93  30.6 
9   仙台第二 宮城 320  96  30.0 
10  ◎ 浅野 神奈川 259  69  26.6 
11  ◎ 女子学院 東京 224  54  24.1 
12  ◎ 北嶺 北海道 123  29  23.6 
13  ◎ 武蔵 東京 168  39  23.2 
14   札幌東 北海道 319  73  22.9 
15   札幌西 北海道 316  68  21.5 
16   日比谷 東京 325  68  20.9 
17  ◎ 駒場東邦 東京 233  48  20.6 
18   宇都宮 栃木 273  55  20.1 
19  ◎ 早稲田 東京 298  57  19.1 
20  ◎ 渋谷教育学園幕張 千葉 376  71  18.9 
「進学率」は卒業生数に占める現役進学者数の割合。
※は国立、◎は私立、無印は公立。



筑波大付駒場がトップ
ランキングは東日本の高校について、卒業生数に占める難関10国立大(東大、京大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、東京工業大、一橋大、神戸大)への現役進学者数の割合が高い順に並べたものだ。1位の筑波大付駒場(50.6%)以下、栄光学園(38.2%)、札幌北(36.7%)、札幌南(34.5%)、聖光学院(34.2%)と続く。

進学校の実力を示す一つの指標である、東大合格者数ランキングとは異なる顔ぶれになっていることが特徴だ。東大に強い高校や地元の旧帝大に強い高校など、東日本の各都県の進学校が一覧できる。


公立高校もランクイン
そうした進学校の中でも、進学率が50.6%と抜けているのが筑波大付駒場。82人の進学者の内訳は、東北大1人と東京工業大2人以外すべて東大だ。優秀な生徒が集まることに加え、卒業生が162人と比較的少ないことも進学率に影響している。少数の優秀な生徒が結果を出すという傾向は2位の栄光学園にも当てはまる。

ランキングには、上位2校に代表される中高一貫校とともに、3位の札幌北や4位の札幌南、9位の仙台第二など、公立高校も名を連ねる。北海道大や東北大が地元にある地域のトップ校が複数ランクインした。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」(https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

記事の関連学校


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…