▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
大学

今どき
進学情報

2019年の大学改革(前編)


の画像
受験生に影響がある大学の改革は入試と学部・学科新設。前編では入試改革について注目した。


主体性評価の流れ
2021年入試に向けて文科省が進める大学入試改革をなぞるように、個別大学の改革が進む。大学入試改革は、従来の暗記した知識の再生から、@「知識・技能」A「思考力・判断力・表現力」B「主体性をもって他者と協働して学ぶ態度」という学力の3要素をバランスよく見る入試にすることを目的とする。

@はこれまでの大学入試で見られていたもの。Aに関しては、記述式などの導入による改革が進む。@とAはペーパーテストで実施可能だが、Bの主体性については、高校時代の活動歴等を面接や調査書などで評価することになり、多くの受験生が出願する一般入試での導入は難しい。そこで、増えているのが推薦やAO入試。国立大学協会は、21年までに推薦やAO入試での入学者を3割に増やすとしているが、そこにはクラブや生徒会活動など、課外活動で培われた主体性を評価するという意図もありそうだ。


AO・推薦が拡大
個別の大学の学部学科改組・入試変更点を見ると、国立大で推薦やAO入試を導入するケースが増えている。来春は、東北大が法でAO入試U期、文と理でAO入試V期を導入する。もともとAO入試の定員が多い同大の募集枠がさらに拡大する。関西では神戸大がAO方式で、『神戸大学「志」特別入試』を導入する。センター試験は課さず、評定平均値や個別試験で学力を担保した上で、面接や小論文、プレゼンテーションなどで選抜する入試だ。秋田大や山形大、群馬大、徳島大、香川大、長崎大、宮崎大、大阪市立大などで、AOもしくは推薦入試を導入する学部がある。

私立大では、今春入試から早稲田大が地域貢献の意欲のある受験生を学力型AO入試で獲得する「新思考入試(地域連携型)」を実施している。来春は現在の文や商など5学部に法が加わる。東海大の医は、クラブ活動や課外活動を評価するAO入試を実施する。


用語説明


記事の関連学校


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー