大学

今どき
進学情報

2018年卒大学生の就職(第4回)


の画像
大学別の就職率や就職先など2018年卒の大学生の就職データがまとまった。その結果を5回に分けて紹介したい。第3回で理工系学部の就職力について触れたが、今回は文系学部について見ていこう。なお、学部系統別実就職率の表は第3回で掲載したものと同じものだ。

学部系統別平均実就職率(%)

学部系統 実就職率 
法学系 86.9 
文・人文・外国語系 86.3 
経済系 89.4 
商・経営系 90.0 
国際系 87.6 
家政・生活・栄養系 93.7 
看護・保健・医療系 92.6 
福祉系 92.1 
農学系 91.8 
薬学系 86.0 
理工系 92.5 
実就職率(%)は、就職者数÷〔卒業(修了)者数−大学院進学者数〕×100で算出。



文系学部も実就職率は好調
文系学部で平均実就職率が最も高いのは、社会科学系の学部の中でも、サラリーマンになるための実践的な学びが充実している、「商・経営系」だ。ランキングのベスト3は、静岡県立大・経営情報と安田女子大・現代ビジネス、昭和女子大・グローバルビジネスが占めた。文系学部の中で平均実就職率が86.3%と最も低い「文・人文・外国語系」も上位の実就職率は高く、1位の名古屋女子大・文、ノートルダム清心女子大・文、安田女子大・文、昭和女子大・人間文化など、6校が95%を上回っている。


古いキャリアイメージの脱却を
文系学部は企業の旺盛な採用意欲と大学の就職支援が相まって、好調な就職状況が続いている。気になるのは、現在の職種がAIなどIT技術に置き換えられていく事だ。メガバンクが採用数を減らしているのは、窓口業務など事務部門がAIに置き換わることが前提と言われる。その一方で、人間でなければできない領域が注目され、今まで想像できなかった分野で新たな仕事が生まれることもあるだろう。こうした新たな活躍の場を見つけるには、例えば、銀行の事務職に就職すれば将来が安泰という、これまで伝承されてきた旧来型のキャリアイメージからの脱却が必要だ。技術の進歩は思ったより早いので、事務系職種を目指す学生は、アンテナを高く張って、入社後の変化を想像してほしい。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…