▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
大学

今どき
進学情報

2018年大学入試徹底研究(前編)


2018年大学入試の結果を、2回に分けて報告したい。前編ではセンター試験の動向と国公立大の入試状況をお届けしよう。


センター試験の動向
18歳人口が減少するにも関わらず、今春のセンター試験の志願者は前年を6704人上回る58万2671人、実際の受験者数は55万4212人だった。志願者増の要因として考えられるのは、現役生の志願率が44.6%と過去最高を更新したこと。さらに、定員管理の厳格化により、都市部の大規模私立大が合格者を減らして難化した影響で不合格者が増え、今春入試に臨む浪人が多くなったことが考えられる。

受験科目数別の志願状況を見ると、7科目以上の国公立型の受験生が減少したのに対し、3科目の私立型の受験生の増え幅が大きかったことが特徴。私立大のセンター利用入試は、大半の方式が出願するだけで合否が決まるので活用しやすいことに加え、一般入試と比較して意外に倍率が低い大学が多いことも要因となっている。

入試問題を細かく分析すると、国語の現代文で内容理解を問う出題があり、数学TAで思考の課程を重視するなど、思考力、判断力、表現力を重視する、21年に「大学入試センター試験」に代わって実施される「大学入学共通テスト」を意識した出題があった。今後もこうした傾向が強まる可能性があるが、日々の授業を大事にしてしっかりと勉強をしておけば、出題傾向が変わっても対応できるだろう。


国公立大の入試状況
今春の国公立大の一般入試の志願者は46万9244人で、前年を5309人下回った。国公立大の志願者は、7年連続の減少だ。国立大と公立大で分けて見ると、国立大が5912人減で33万205人なのに対し、公立大は603人増の13万9039人だった。

国立大の志願者が減ったのは、今春から一橋大が推薦入試の導入に伴い後期を縮小するなど、難関大を中心に後期縮小の動きが進んでいるため。さらに、現行の教育課程になり、理系は範囲が広い専門理科を2科目学ばなければならず、文系も基礎理科とはいえ2科目必要という科目負担増の影響も大きい。このため、国立大より入試科目のハードルが低い、公立大に目を向ける受験生や、私立大一本に絞る受験生が増えていることが国立大の志願者が増えない一因だ。公立大は、公立小松大と公立諏訪東京理科大などの志願者を加えると、さらに増え幅が大きくなる。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー