大学

今どき
進学情報

奨学金を狙うには!



充実する給付型の奨学金
大学生が活用できる奨学金は公的なものと大学独自のものがあり、さらに返済義務がある「貸与型」と義務のない「給付型」に分かれる。
公的な奨学金の代表機関は日本学生支援機構(JASSO)。JASSOの奨学金は貸与型で、学力基準がある無利子の第一種と、有利子だが平均水準以上の学力で給付される第二種がある。
大学独自の奨学金は貸与型と給付型があるが、経済不況で注目度が高まっているのは後者。給付型は一般入試の成績優秀者またはスカラシップ入試などの特別入試で募集されることが多いが、いずれもハードルはとても高い。
奨学金の給付額は大学によりそれぞれ。淑徳大や亜細亜大、国士舘大、東海大、中京大、南山大などは授業料と入学金。国際医療福祉大や千葉科学大、桜美林大、東京都市大、東京農業大、近畿大などは授業料相当額を減免もしくは給付する。
国立大の学費と同水準にする私立大もあり、白?大や金沢工業大、金城学院大などが該当する。さらに、広島大や高知工科大、専修大、神奈川大などのように、学費負担を軽減した上に補助金を支給する大学もある。


進化する奨学金制度
最近は奨学金の予約制度を採用する大学が出てきた。お茶の水女子大や新潟大、創価大、早稲田大、愛知大などは、事前に親の収入や評定平均値などの審査をクリアしていれば、一般入試の合格と同時に受給資格が得られる。入学後の給付が約束されているので、受験生は安心して勉強に集中できる。
入試と連動していないが、慶應義塾大や青山学院大、学習院大などは経済的に困窮している入学者を対象とした奨学金を用意している。国公立大でも東大が給与所得400万円以下の家庭を対象に授業料を免除するなど、全ての旧帝大に経済状況に応じた授業料の全額免除制度がある。
国公私立大を問わず大半の大学が奨学金を用意している。東日本大震災の被災者対象の奨学金を充実させる大学も多い。経済不況で家計が厳しくても、学ぶ意欲があれば大学進学の道が開けている時代と言えよう。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…