学校の先生に聞いてみました

今どき
進学情報

中高一貫校なのに、高校に上がれない!?


少々物騒なタイトルですが実際に学校の先生から聞いた話をまとめてみました。


中高一貫校なのに高校に上がれないことはあるの?
素行不良や出席日数不足を除き、学力の問題で一貫校の高校に進学できないことは滅多にありませんが、中には厳しく進級の審査をしている学校もあります。ただ、成績が学年で最下位だからと言って自動的に高校への進級不可と確定するわけではありません。学校側としても、せっかく入学してくれた生徒を必ず数人振るい落とすことなどしませんので、最低限授業について行けるようであれば大丈夫です。


合格できる力があったのに、なぜついていけない?
受験生本人の学力からあまりにかけ離れたレベルの学校に、半ば「まぐれ」で合格した場合を除き、基本的にはその学校に合格する学力があればついて行けるカリキュラムのはずです。そもそも「まぐれ」で合格することなど最近あまりありません。ではなぜついていけない子が出るのでしょうか。
先生からは「滑り止め校入学の意識が変えられない」という言葉が出てきました。第一志望・第二志望の学校に合格できなかった気持ちをいつまでも引きずってしまう場合ですね。これには親の心情もかなり作用しているそうですから、受験が不合格だったとしても親自身のネガティブな気持ちなどをつぶやくことは慎むべきでしょうね。子供は親の一言を忘れない場合がありますよ。ただ塾通いを続けているうち、子供が偏差値至上主義になっていることもありますので、この点は親が観察する必要があります。とある学校の先生は第一志望が高偏差値校の親子ほどこじれることと、子供自身は現状に順応して楽しむ力を持っていることをうかがいました。
「中学受験で燃え尽きた」もよく聞きます。受験を突破することだけしか頭にないと陥りやすいですね。「中学生になったら、あるいは将来何をしたいのか」も必要不可欠なことです。今見つからなければそれを探しに学校へ行くわけですから。
「中だるみ」も最近よく聞く言葉です。中高一貫校で、中2・中3あたりで緊張が解けてだらしなくなってしまうことを指し、学校側もこの対策を講じていますが、家庭でも注意する必要があります。もとより複雑な年齢期ですからそう言われても困るかもしれませんが。
あまりに大学受験一辺倒の学校でついていけない場合もありますが、これは学校選びの段階でカリキュラムや教育方針をしっかりと調べてくださいとしか言えません。また少数ですが、成績上位者へは手厚い対応で、その他の生徒へは対応が良くないという学校の話もちらほら聞きます。成績が伸びない場合の対応は、色々な学校の説明を聞き比べておいてもいいでしょう。


他の高校に進学するには
「高校には上げられない」という学校側の判断は、最終的に中学3年生の2学期の成績で下されます。この時期に上がれないと言われても、公立高校入試の対策などしていないでしょうから、私立高校に進学(転校ではなく)する道を探すか、難易度がかなり低くて入学しやすい公立高校受験、あるいは通信制高校進学になります。おそらく学校側も結論を伝える前に相談・警告を出しているはずですから、残念ながら進学が怪しくなったとしたら、早期に対応するしかありません。なお私見ですが一貫校で高校進学に厳しいのは、難関校や大学附属校が特にそうである気がします。

「上位の中学校を受験したばかりについていけなくなり、上の高校に進めなくなる」ことを案じるより、今回の話で先生方が言っていたその理由に当てはまらないよう、親子で受験と中学校生活を送ることを考えた方がいいのではないでしょうか。


教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」(https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…