▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
ランキング

今どき
進学情報

キャンパスがきれいな印象のある大学ランキング2011


の画像

受験生が評価するキャンパスは大手大学中心
大学受験に意欲的な全国の高校生1000人にインターネットでアンケートを実施した。その中で「キャンパスがきれいな印象のある大学」について聞いたのが表だ。3大学を挙げてもらい、1位を5ポイント、2位を4ポイント、3位を3ポイントとして集計した。


トップは東京大、2位は早稲田大、3位が明治大で6位まで東京にある大学が占めた。上位20校を見ると、いずれも総合大学で、大規模な有名大学ばかりが並んでいる。もともとこれらの人気大学への関心が高いことに加え、オープンキャンパスなどに出かけて知っている、あるいはホームページやパンフレットで見た印象も強いからだろう。さらに20校の内訳を見ると国立大が9校、私立大が11校で、公立大はゼロだった。公立大は大規模な大学が少ないことが理由と見られる。


国立大が強いのはキャンパスの広さも理由
特に国立大の数が多いのが特徴だ。これにはキャンパスの広さも影響していると見られる。例えば、東京大の校地面積は約325万?で、早稲田大は約2万?だから大きな差になっている。もちろん、東京大の校地にはキャンパスだけでなく、実験林なども含まれ広大な面積になっている。
国立大に比べると狭いところが多い私立大だが、表には数多く入ってきている。それは最近、大手総合大を中心にキャンパスの再開発が積極的に行われているからだ。校地面積が狭くても高層ビル校舎が次々と建てられている。都市型キャンパスでは、周囲のビル街に溶け込むような高層の校舎が学生に人気でもある。広さだけでなく高さでも、キャンパスがきれいだと評価されていると見ていいだろう。

用語説明


記事の関連学校


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー