▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
大学

今どき
進学情報

奨学金制度は「貸与」と「給付」に注目!



給付は返済の必要のない奨学金制度
いつの時代も親にとって学費は頭が痛い問題だ。ましてやこの不況では、どう捻出するかは切実な問題だろう。学費が安めの国公立大の人気が高いのもうなずける。しかし、そんな時に頼りになるのが奨学金制度だ。
奨学金制度は大きく分けて二つある。ひとつは卒業後、返済していく貸与奨学金制度。各大学が制度を設け充実しているが、最も規模が大きいのは日本学生支援機高フ制度だ。卒業後、返済していく必要があるが、返済しない人が増え大きな問題になっている。08年には約87万人、全大学生の3人に1人が利用したという。
そもそも奨学金制度活用は、欧米などの大学生にとっては当たり前の制度だ。欧米の学生は大学などからお金を借りて卒業後に返済するため、結果的に学費を全額、自分で払うことになる。そのため、「講義が休講だと聞くと日本の学生は喜びますが、欧米の学生は怒りますよ」とは、外国人教員がよく語る学生気質の違いだが、これも日本では学費を親が払うからだ。


入試に連動した制度や入学前の予約制も
もうひとつの制度が返済の必要がない給付型、減免型の制度だ。給付型は奨学金がもらえ、減免型は授業料などが免除される制度。たとえば東大では、親の所得制限があるものの、1年間の授業料免除の制度がある。この他にも家計の急変に対応した制度が数多く設けられている。
最近ではこの給付型の奨学金制度が、私立大で入試に連動した方式として増えている。入試の成績優秀者に奨学金を給付するという制度だ。大学の狙いとしては経済的に困窮している受験生の救済だけでなく、成績優秀者の確保も狙いだ。さらに、最近では入試前に合格して入学したら奨学金をもらえる、予約型の制度を設ける大学も増えてきている。
経済的な問題から大学進学を諦めることのないよう、まずは志望校にどうすればいいか、相談してみるといいだろう。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー