教育進学総研TOP>地層のハナシ?
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
親子で学ぶ!中学受験【理科】

今どき
進学情報

地層のハナシ?


■マグマが冷えて固まって出来た岩石

地球が出来て何年かご存知ですか?
46億年です。
ちなみに、宇宙が出来て137億年、人類が誕生して10万年と言われています。数字が大きすぎてイメージできませんよね。

宇宙の誕生から現在までを1年に置き換えると、人類誕生から現在までは約5分とか10分とか言われます。
そうすると、人の一生というのは1秒にも満たない。地球の歴史のすごさを感じますよね。地球の歴史を想像すると、今の悩みが小さく感じませんか?宇宙は人生についても教えてくれるんですよ♪

さて本題に入りましょう。

地球ができてから現在まで、たくさんの火山が噴火してきました。そうして今の地層が出来上がってきたんです。今日は、そのマグマが冷えて固まってできた「岩石」をゴロ合わせで覚えましょう!

マグマが冷えてできた岩石のことを『火成岩』と言います。火成岩は2種類に分かれます。マグマが地表近くで、急に冷えて固まってできた『火山岩』と、マグマが地下深くで、ゆっくり冷えて固まってできた『深成岩』です。『火山岩』と『深成岩』の代表はそれぞれ3つあります。

火山岩:リュウモン岩、アンザン岩、ゲンブ岩
深成岩:カコウ岩、センリョク岩、ハンレイ岩

です。図にするとこんな感じです。



と、こんなにダラダラ書かれても覚えられないので、そういう時こそゴロ合わせにいきましょう!




ここで問題です。
火成岩から化石は見つかるでしょうか?
正解は、『見つからない』です。
火成岩はもともとマグマですから、溶けちゃいますよね。

次回は地層のハナシ第2弾、古代の生き物についてです。お楽しみに?☆

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー