教育進学総研TOP>大学合格実績の読み方?数字の比較は経年で
▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
中学

今どき
進学情報

大学合格実績の読み方?数字の比較は経年で



重視される難関大合格実績
今、学校選びで最も重視されているのが各校の大学合格実績だ。大手塾の講師によると「保護者の志望校決定要因の8割を大学合格実績が占めているのでは」というほどだ。

その中でも、有名難関大への合格者数重視が顕著だ。保護者は出口である大学合格実績が高い割に、入り口である入試の偏差値が低い学校を探す傾向が強い。そういった学校ほど“お買い得校"なのだ。


教育内容をよく調べて
特に偏差値が低い学校から東大合格者が1人でも出ると、翌年の志願者が大きく増えることが多い。しかし、ここでよく考えたいのは、この合格は学校の力によるものなのか、個人の力によるものなのかということだ。

たまたま力がある生徒が入学してきた結果ということも考えられる。だから、合格実績は経年で比較したほうがいい。東大に毎年、合格者を出していれば、それは学校の教育の成果といえる。東大に限らず、難関大に合格者を毎年一定数送り出していることは、それだけ学校の教育力が高いということにつながる。

ただ、この実績はあくまでも各校の教育の成果で、教育の目的ではない。大切なのは、どういった教育を行って、この成果に結びついたのか、ということだ。大学合格者数の数字だけで判断するのは危険だろう。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー