▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
お父さんの中学受験奮闘記

今どき
進学情報

読書の習慣


公立の学校でもみかけますが、図書館を充実させたり、図書館便りに力を入れたり、朝読書の時間を設けたりと、生徒に読書の習慣をつけさせようとする私立中学校がたくさんあります。基本的には本を読む、感想を述べるだけですから問題はありませんが、読書が好きでない生徒は少々辛いかもしれません。読書の習慣があるに越したことはないですね。


中学受験のための読書は必要か
中学入試の国語で有名な小説などが出題されることはありますが、そのために読んでおくこともないだろう、というのが私の感想です。現実問題として数多くの作品の中からどこが出題されやすいかなどわかりませんので、学習塾の教材で使われた作品や、国語の教科書に掲載されていた作品を覚えておくくらいで十分でしょう。

では受験のためには必要ないかというと、そうでもありません。「国語」は算数や理科・社会に比べて教えにくい・教わりにくい教科とよく言われます。これは文章の読解問題を指しているのですが、得意な子はいつの間にか問題を解けるようになっており、苦手な子はなかなか克服できないようです。しかもこれは大学受験にまでついてまわる問題です。

ではどうしらたいいか。一番良いのは受験対策を考える前に読書が好きになっていることだと思います。その方法の一つとしては幼児の頃から絵本を良く読む、あるいは読み聞かせることでしょう。


図書館通い
娘が小さい頃は、私が図書館に行って面白そうな絵本をたくさん借りてきました。少し大きくなり自分で読みたい絵本を選べるようになると、家族みんなで図書館に行ってそれぞれ好きな本を探していました。結構長い滞在時間となり、娘は貸し出し限度いっぱいの本を選び終わると机の上に積んでおき、私たちが本を選んでいる間に別の本を読んでいました。やがて絵本を卒業すると小説などを探して読み始めました。近隣地区の図書館も利用しましたので、毎週末のようにどこかの図書館へみんなで行くのが習慣でした。今は図書館に読みたい本がないとのことで、大きな書店などを巡ることもしばしばあります。

そのためではないかと思いますが、他の教科は結構苦しむこともあるのですが、国語の読解問題に苦労することはあまりないようです。やはり早いうちからの習慣は強いと感じました。


今から本好きになるには
とはいえ既に子どもが小学生になっていたら、今さら絵本からという話をしても無意味ですね。その場合は小説や古典からではなく、興味のある分野で少々難しい専門書から入る、あるいはテレビや映画で見た作品を原作の本で読むというのがいいかもしれません。さらに欲を言えば親も読書の習慣があると説得力が出るでしょう。自分が本を読まずに子どもに読めと言い続けるのもなんだか気恥ずかしいものがあります。またネット社会の発展に伴い、口語調の文体ばかりが目立ち、きちんとした文語調を扱えない人が増えているような気がします。この点でも本を読む必要性を痛感しています。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー