▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
ランキング

今どき
進学情報

就職率ランキング2012(女子大編)



資格取得と少人数指導で好調な就職率
12年春の女子大の就職率(就職者数÷《卒業者数-大学院進学者数》×100で算出)をまとめた。今までのランキング同様で、地方の大学が上位を占めている。



女子大は卒業生数が少ない小規模大が多いのも特徴だ。表中に卒業生数が1000人以上の大学は、昭和女子大、東京家政大、日本女子大の3大学だけだ。少人数のため、就職指導も個別にきめ細かく対応できるということだ。

学部系統別でみると、理工系の学部を設置している女子大が少ないこともあるが、文・人文・外国語系と家政・生活系の学部系統の就職率ランキング上位は女子大が占めている。

また、看護師・薬剤師をはじめ、教員、管理栄養士、保育士など、就職につながる資格が取得可能な大学が多いのも特徴だ。

女子大には女子だけという環境の他にも、資格や就職という女子大ならでは魅力もある。進路を選ぶ参考にしてほしい。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー