▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
ランキング

今どき
進学情報

公認会計士に強い大学ランキング2012



上位4校は変わらず、5位までを私立大が占める。
近年注目されている、就職に直結する資格ランキング。今週は「公認会計士試験」の合格者数をまとめた。



公認会計士試験は狭き門として知られている。11年は志願者2万3151人に対して合格者は1,511人、合格率6.5%だった。

難関資格の公認会計士ランキングの順位は、慶應義塾大、早稲田大、中央大、明治大と続き、4位まで昨年と同じだ。5位には立命館大が入りベスト5を私立大が占めた。6位は京都大で、一橋大は昨年のランク外から7位に入った。


合格者の減少でランキングに異変も?
公認会計士試験の合格者数は減少傾向にある。その原因は、公認会計士の資格を得るために2年以上の実務経験が必要なのにもかかわらず、従事の場が少ないこと。さらに、08年に3,024人の合格者を出して以降、合格者数が抑制されていることも挙げられる。

公認会計士試験全体の合格者数が減少する中、慶應義塾大は07年に最大の411人が合格して以降減少を続け、今年は210人となった。同じく早稲田大は08年の307人から169人となり、早慶の合格者数の差が縮まっている。

公認会計士ランキングは慶應義塾大の1位が37年間続いてきたが、今後、ランキングが変わる可能性がある。

用語説明


記事の関連学校


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー