▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
お父さんの中学受験奮闘記

今どき
進学情報

お父さんはどこまで受験に関わる?


■お父さんの口出しは?
出産後すぐに子育て教室、その後は幼稚園や習い事と、乳幼児の子育てはお母さんの力が絶大で、お父さんである私は傍観ばかりでした。実績・口とも負けは確実ですから、母と子の世界にあまり入り込まず、従順なお手伝いとしていました。異論があっても正確な知識がないので、ぐっと我慢でした。口論連発も避けたいですしね。それでは中学受験を考える時期からは?今までと違う対応が必要と感じて結構口をはさむようになりました。

■お父さんならではの意見とは?
学校選び・進路決定の問題は、小さな二者択一の問題から、成年・就職までを見据えた問題多種多様です。企業・一般社会から見た現在の教育環境、将来の世界観、個人の価値観育成など、父親(あるいは男)ならではの視点による参加はどうでしょう。大げさですが大局感のある持論があれば、お父さん自身の存在も再評価されるかもしれません。逆にあまり関与しないと、家庭に無関心な親父と判断される怖さも大いにあります。

■我が家の場合
「私立中学進学」は母親の強い希望でしたのでこれを基に、学校選びは父親と母親の意見も聞いたうえの本人の希望でした。母親の強い希望ありきからのスタートでしたが、志望校・学習塾選びでは結構強く主張しました。これから子どもの受験期を迎えるお父さんは、いきなり意見を求められて慌てないよう、教育に関する自説と情報をまとめていた方が無難ですよ。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー