ランキング

今どき
進学情報

改革力が高い大学ランキング2014


の画像

改革のフロントランナー立命館大がトップ
大学通信は、全国2000進学高校の進路指導教諭にアンケートを実施し、受験生に勧めることができる大学を聞いてみた。すると、716校から回答があった。項目ごとに気になる結果を見ていこう。



「改革力が高い大学ランキング」では立命館大がトップで。2位に東京大が続く。この2校が200ポイントを超えている。3位が明治大、以下、京都大、近畿大、早稲田大、東洋大、法政大となっている。

トップの立命館大は大学改革のフロントランナーの役割を担ってきた。来年には大阪いばらきキャンパスを新しく開校する。これで滋賀、京都、大阪の2府1県にキャンパスを展開することになる。経営と政策科の2学部が既存のキャンパスから移転する。この進出によって、大阪にある関西大や近畿大の出願状況に影響が出る可能性がある。


改革を進める近畿大は志願者日本一に
5位の近畿大は今年、志願者日本一になった。少子化の時代に、何の改革もなく志願者が日本一になるわけはない。昨年まで4年連続志願者日本一だった明治大同様、さまざまな改革を行ってきた結果だ。特に今年はネット出願元年と言われるが、近畿大や東洋大は今年から出願を全てネットに切り替えた。そうした新しい方式も評価を集めた理由と見られる。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…