ランキング

今どき
進学情報

小規模だが評価できる大学ランキング2014


の画像



国際教養大が他校を引き離してトップに
「小規模だが評価できる大学ランキング」でトップの国際教養大のポイントは277で2位の国際基督教大より100ポイント以上高い。1年次の全寮制や必須の海外留学制度、さらにグローバル企業への就職力の高さが評価されているようだ。

2位の国際基督教大は教員一人当たりの学生数が少ない全人教育を行う大学として、3位の武蔵大は1年次からゼミに入る「ゼミの武蔵」として知られていることが100ポイント以上の高評価につながったのだろう。


きめの細かな教育を行っている大学がランクイン
4位の金沢工業大は学生それぞれが一週間単位、学期単位で自らの目標の達成度を確認しながら学習を進めることができるポートフォリオシステムが高評価の一因と見られる。以下ベスト10は、津田塾大、成蹊大、学習院大、一橋大、小樽商科大、秋田県立大と国立大や公立大も名を連ねる。いずれもきめの細かな教育を行っていることで知られる大学ばかりだ。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…