まっちゃんの中高散歩

今どき
進学情報

2020年の大学入試改革への取り組みは、すでに学校の中にある!?


今私立中学では大きなムーブメントが起こっています。
文部科学省が2020年からセンター試験を廃止し、新テストを導入すると発表したからです。
2020年は今の中学一年生が大学受験をする年に当たります。
そのため私立中の中でも早いところでは2020年を見据えた対応を受験生や保護者に対して打ち出しています。
実際今年の各校から発信されるパンフレット類を見ると「2020年対応・対策」という意味の文章を多数見かけます。

では新テストとは実際にどの様な内容なのでしょうか。
まだサンプル問題が発表されたわけではありませんが、文科省のホームページなどでその方向性を確認することができます。
ポイントの一つは知識を問う問題以外に「合教科・科目型 総合型」と呼ばれる「あらゆる教科をまたいだ総合的問題」が出題されることです。
さらに選択式だけでなく「記述式」の問題が採用されるといいます。

今までのセンター試験は、全科目がマークシートだったため答えは一つでした。
しかしこれからは、答えが一つではない問題が出題されることから、自分の持つ知識を編集し、表現する力が必要になります。

そうした力を生徒に付けさせていくわけですが、各校の動き、PRの仕方はさまざまです。
表向きに「こうした動きに対応していきます」と発信している学校もあれば、そうでない学校もあります。
ただそういった発信の有無にかかわらず、私が注目しているは、実は今まで私立学校でやってきた取り組みの中に、すでに新テストと考え方を同じくした教育が行われている場合が多々あるということです。

一つの例を取り上げます。
千葉県千葉市にある昭和秀英中学校・高等学校の特徴に「作文」と「読書」があります。
同校ではこれを学校創立以来続けています。
朝自習や授業の中で「書く」「読む」機会を設け、期末考査では「作文」の試験を実施しています。
同校の学校案内にはそのねらいについて「思考力・表現力を身につけるため」と書かれています。
これを読んだとき。私はあることに気づきました。文部科学省が今回の新テストであらたに重要視する「思考力・判断力・表現力」のうち2つの力がすでに盛り込まれているのです。

これまで私立学校が積み重ねてきた先進的取り組みは、他校が今から真似したとしても、それがしっかり機能するまでには時間がかかります。だから昭和秀英中高のような取り組みは、新テストへの対応という意味においてアドバンテージになるのではないでしょうか。

私はできれば受験生の保護者自身が今回の新テストについて理解を深め、自らの視点で、学校の中で行われている、先進的教育を見つけてほしいと思います。
さらに重要なのはそうした教育がどれくらいその学校に根ざしているのかを見極めることです。
根ざしている学校ほど、その教育が「当たり前」になってしまっているため、もしかすると見つけづらいかも知れません。
それでも、学校のパンフレットを熟読し実際学校に足を運んでみれば、そのヒントを見つけることができると思います。

教育改革が叫ばれている時期だからこそ、はやりに流されず、改革の内容を良く理解し、学校選びにおいて自身の価値観をしっかり持つことが重要です。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」(https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

用語説明


  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…