大学

今どき
進学情報

奨学金の最新活用術?


の画像

返済不要の給付型奨学金を視野に大学選び
返済義務のない給付型の奨学金制度が増えている。神奈川大は給費生試験に合格すると、授業料等の免除に加え、自宅外通学者には、年間60万円の生活援助金が4年間給付される。専修大のスカラシップ入試も、4年間の授業料と施設設備費を免除し、二部の学生には年額30万円を給付。国際医療福祉大は、特待奨学生特別選抜試験を実施している。

一般入試と連動した奨学金も数多くある。学費が安い国立大でも東京大、電気通信大、新潟大、広島大など、多くの大学が実施している。私立大も上智大や東京都市大、法政大、明治大、金沢工業大、岐阜聖徳学園大、中京大、大阪工業大、近畿大、西南学院大、福岡工業大など、実施大学が全国にある。中には、東京経済大のように、授業料免除に加え、キャリアサポート講座を4年間無料受講できる大学もある。

大学が給付型の奨学金制度を導入する背景には、優秀な学生を獲得することにより、学内の活性化を目指していることがある。授業料の全額免除など、金額が多い給付型の奨学金のハードルは高が、 アルバイトなどの必要がなく、学業に専念できる環境が得られるので、志望校の奨学金制度について調べておくといいだろう。


事前予約型の奨学金制度が充実
ここ数年は、事前に大学が指定する評定平均値や世帯所得をクリアしていれば、入試の成績は関係なく、合格と同時に給付が決まる、事前予約型の奨学金制度が充実してきた。この制度を採用する大学は、学納金の他に下宿代や食費など、自宅通学者より経済負担が大きい地方の受験生を対象としたものが多い。

中央大は1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)以外の学校出身者を対象に、原則として4年間、授業料の半分相当額を給付する。青山学院大や専修大、慶應義塾大、法政大、立教大、早稲田大も1都3県以外の学校出身者を対象とした事前予約型の奨学金制度を実施している。

西日本では、愛知大は愛知、岐阜、三重、静岡以外を対象に実施しており、同志社大や立命館大、関西大、関西学院大は出身校の制限がない事前予約型の奨学金制度を行っている。地方にいても、センター方式や地方会場を利用すれば、受験生の負担は少ないので、志望校が実施しているなら利用しない手はない。

教育進学総合研究所は、2019年4月をもってサービスを終了いたしました。

今後は、大学ニュースサイト「大学通信オンライン」https://univ-online.com/)、またはスマートフォンアプリ「大学探しナビ」で情報発信してまいりますので、ぜひご利用ください。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…