▼Login ご利用の前にこちらからログインしてください
お父さんの中学受験奮闘記

今どき
進学情報

お母さんと同じ意見?



受験するのは親ではない

受験に限ったことではありませんが、父親の考えと母親の考えが常に一致するわけではありません。むしろ一致しない方が多いかもしれませんね。
そういう時は、「受験をするのは子供であって親ではない」という、そもそもの原点に立ち返って考え直すことにしていました。
「我が身になって考える」方法もありますが、例えば自分が共学校出身で満足だったとしても、子供の性格や時代背景、受験校の特徴など数多くの要因により、子供にとっても共学が良いとは限りません。自分の体験や思いは絶対ではないので、強い思い込みは控えました。逆に妻に過度の思いが見られる場合「学校に行くのは俺達ではないよ」と言ったような記憶があります。


基本は本人の意向

もともと我が家では進路に関しては本人の希望が中心でした。正確な判断は無理でもまず本人の意向を重視し、そこに親の意見を加えて検討しましたので、結果として意見の衝突が少なかったのかもしれません。子供の将来を真剣に検討するには軽すぎると言われそうですが、ちょっといい加減な表現をすれば、ここで子供の人生がすべて決定するわけではないので、私は過度の思い入れをせず、自然体で対応していました。


「勉強しなさい」という言葉

我が家で幾度か衝突したのは、子供がまだ積極的に学習しない時期に、妻が猛烈に尻を叩く様子をみて、「そこまでしなくても」という感情が湧く場合でした。概して父親(あるいは私)は子供に甘いという認識があります。結構我慢したつもりですがこの手の口論は結構発生しました。尻を叩くのがいいのか、見守るのがいいのか、どちらがいいのかは一概には言えません。状況次第なのでしょうが難しい問題ですね。

  • 記事検索

    中学から大学まで。すべての記事を検索できます。
▼入力文字とタイトルか本文が一致する記事を検索します
▼記事をジャンルで検索します

▼Special
教育進学総合研究所はこんな特集を掲載中…
進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー