大学

School
Database

常磐大学

(私立/茨城県)


常磐大学の画像
資料請求(常磐大学)無料 Private Newspaper応募(常磐)
教育進学総合研究所

所在地

〒310-8585
水戸市見和1-430-1GoogleMap

 HP 

http://www.tokiwa.ac.jp/

入試結果

2018年

志願者数823名  合格者数716

2017年

志願者数637名  合格者数581

2016年

志願者数828名  合格者数728

オープン
キャンパス

6月17日 7月15日 8月4日 9月29日 

学部学科情報

学校の詳細情報

大学GUIDE

【実践的な能力の養成】 
 地域社会、国際社会に貢献する専門性を持った教養人として、将来自分らしく活躍するために3つの重点ポイントを掲げ、学生一人ひとりの育成に力を注いでいます。
(1)語学力 スキルアップ、実践、受験対策などテーマ別に選択科目を設定している英語・上級英語に加え、中国語、韓国語・朝鮮語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の5カ国語の科目を開講。初級から中・上級まであり、レベルや興味・目的に合わせて学ぶことができます。
(2)コミュニケーション力 学生が主体的に参加するディスカッション型授業を拡充しているほか、グループワークやプロジェクト型授業を多数設けて、先生・学生間だけでなく、さまざまな職種や年齢層の人とのコミュニケーション力を磨きます。
(3)問題解決力 各学部学科で多彩な産官学連携プロジェクトを実施しています。問題発見→分析→検討→学内発表→自治体や企業への提案・提言→実施の工程で、現実の障壁にぶつかりながら、問題解決力、実行力、柔軟な対応力などを身につけます。

【人間科学部】 
〈心理学科〉
 心理学の基礎的な研究を重視し、実験・実習による科学的な手法を用いて、人間の心の動きを解明していきます。産業、医療、教育、行政など幅広い分野で、さまざまな仕事に生かしていくことをめざします。
〈教育学科〉
 教育の理念と方法、教科に関する専門的知識、指導技術などの高度な資質と能力を備えた教員を養成します。近年深刻化する教育の諸問題に対しても実践的にアプローチし、実社会で役立つ適応力を身につけます。
〈現代社会学科〉
 社会科学の観点から現代社会を理解するための基礎知識と社会調査の手法を習得し、家族、福祉、環境、都市、農村、労働、犯罪、国際化、情報化などの社会に関わる諸問題を解明します。
〈コミュニケーション学科〉
 コミュニケーションについての科学的知識と実践によって、人間と社会の諸問題を理解・解決します。人間関係力を高める「コミュニケーション領域」と、情報技術・メディアの活用を学ぶ「メディア表現領域」があり、専門的な学習を行っていきます。
〈健康栄養学科〉
 専門知識に加え、コミュニケーション能力を養い、豊かな人間性を持つ管理栄養士を養成します。さらに医学の知識も習得し、将来、病院などの栄養サポートチームの中核を担うための基礎力を身につけます。

【国際学部】 
〈経営学科〉
 グローバルな視野を持ったビジネスリーダーを養成します。「経営・マネジメント」「商業・マーケティング」「財務・会計」の3つの分野の専攻科目があり、志望進路に合わせて学ぶことができます。
〈英米語学科〉
 習熟度別に少人数制クラスを編成し、一人ひとりに合ったきめ細かな指導をします。さらにアカデミック・スキルの習得や異文化の理解も重視し、実社会で通用する英語コミュニケーション力を養成します。

【コミュニティ振興学部】 
〈コミュニティ文化学科〉
 生活、芸術、スポーツ、デジタルメディアなどをテーマに、“学び” と“交流” を創造するエキスパートを育成します。デジタル・コミュニケーションの基礎スキルを習得し、プロジェクト型の実習によって、ふるさとづくりを実践します。
〈地域政策学科〉
 ふるさとに情熱を注ぎ、広い視野からふるさとの未来をデザインできる人材を育てます。政治・行政、都市・環境の2つの専門分野をバランスよく身につけ、実習や演習を通して地域社会から学びます。
〈ヒューマンサービス学科〉
 世界の動向までも視野に入れた多角的な「福祉」を学びます。福祉・心理・ボランティアの3つの専門を身につけ、近年、活動分野が広がり需要が高まっているソーシャルワーカーをめざします。

【学生生活サポート】
 履修や学習を支援する「学修サポート」体制を構築。入学時の学力状況に応じた、学修サポート講座を実施。学修サポートブースでは、学生の質問や相談に随時応じ、自主的な学習活動を促します。
 「学生相談室」では、心の悩みだけでなく、学生生活上のさまざまな悩みや問題について、専門のカウンセラーが相談に応じます。

【資格取得サポート】
 正規授業以外に、パソコン、簿記、二種外務員、TOEIC、医療事務など、学生の多様なニーズにあわせた資格取得をサポートする講座を開講。学内のダブルスクールとして、時間も費用も経済的に設定されています。

国際交流

 国際交流・語学学習の支援を行う中核拠点として、国際交流語学学習センターを設置。留学生との交流イベントや、交換留学生との会話を楽しむTalk Timeを行うほか、語学学習エリアにはe-Learning教材のPC、3,000冊の英語多読教材がそろっています。

【常磐交換留学制度】
 アメリカのカリフォルニア州立大学ノースリッジ校とフレズノ校、カナダのランガラ・カレッジの3校と協定を結び、相互に学生の派遣・受け入れをしています。毎年数名が8月から12月まで、奨学金を受けて提携校で学んでいます。

【短期語学研修システム】
 春休みや夏休みの期間中に、アメリカ、中国、イギリス、カナダ(約1カ月)の研修を行っています。

CAMPUS情報

 JR水戸駅または赤塚駅からバスで約20分。緑豊かな敷地内に、講義・研究棟をはじめ、情報メディアセンター、国際交流語学学習センター、博物館学博物館、3つの学生食堂とコーヒーカフェ、コンビニエンスストア、書店などの施設・設備から短期大学、幼稚園まですべてが集約されています。学生だけでなく地域住民が集う地域密着型キャンパスとなっています。

【情報メディアセンター】
 DVD、CDなどを視聴できるメディアセンター、映像合成が行えるバーチャルスタジオ、語学学習用の教材がそろったコールラボ、いつでもパソコンを使用できるPC学習室など最新のデジタル設備を整備。約34万冊の蔵書を擁する図書館も併設しています。

【茜梅寮】
 キャンパスから歩いてすぐのところにある学生寮。すべて個室で、各室にバス、トイレ、ミニキッチン、ベッド、デスクなどを完備しています。食事は朝食・夕食の2食付で、バランスの良いメニューは、朝食・夕食ともに和食・洋食から選べます。

卒業後の進路

【キャリア・就職サポート】
 正規の授業の中にキャリアデザインを考える科目を設定し、早期からキャリア形成について学びます。キャリア支援センターでは、キャリアコンサルタントの資格を持った担当スタッフと指導教員が協力して学生個々の情報を共有し、きめ細かいアドバイス・指導を行っています。1年次から始まるキャリアデザイン講座を始め、公務員・教員採用試験対策講座、就職ガイダンス、セミナーなど多彩なプログラムを用意し、就職活動をバックアップしています。

【求人開拓】
 求人開拓の担当スタッフと、豊富な求人情報を持つハローワークや雇用人材協会との連携により、地元を中心とした優良企業とのパイプを広げています。

【主な就職先】
 JR東日本、日本郵便、常陽銀行、筑波銀行、茨城県信用組合、茨城トヨタ自動車、JA水戸、茨城県・千葉県・福島県小学校教員、海上保安庁、水戸市・大洗市職員、茨城県警察など( 2015年1月現在の内定先)

入試GUIDE(前年度参考)

(1)AO入試(I期・II期) 
(2)推薦入試(一般・指定校・卒業生子女・課外活動) 
(3)一般入試(I期・II期) 
(4)センター試験利用入試(I期・II期) 
(5)外国人留学生・帰国子女入試 
(6)社会人入試

主な取得資格(学科・コースによって異なる)

幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状、中学校・高等学校教諭一種免許状(社会/英語/福祉)、栄養教諭一種免許状、栄養士免許、司書、司書教諭、学芸員、社会教育主事(任用資格)、社会福祉士(受験資格)、管理栄養士(受験資格)、社会調査士、認定心理士、デジタルアーキビスト(受験資格)、ウェブデザイン実務士など

大学院

人間科学研究科人間科学専攻( 修士課程/博士課程) 
付置施設:心理臨床センター
被害者学研究科被害者学専攻( 修士課程/博士課程) 
付置施設:国際被害者学研究所
コミュニティ振興学研究科コミュニティ振興学専攻(修士課程)

特待生・奨学金制度

【特待生制度】
一般入試(I・II期)、センター試験利用入試(I・II期)の合格者、およびAO入試、推薦入試の合格者で一般入試I期またはセンター試験利用入試I期を受けた者(検定料免除)のうち、成績優秀者を特待生とし、4年間で授業料200万円を減免します。

【奨学金制度】
心身・学術ともに優れ、経済的に学業の継続が困難となった者、または家計状況が急変し、経済的に学業の継続が困難となった者に給付(授業料減免)されます。

参考になる合格者出身校情報は…

  • 関連記事

進学相談はコチラ!
受験の悩み相談コーナー